クリーニング事業

取扱い商品・クリーニング機器

取扱い商品、材料・資材

ガス乾燥機セット

 

ECOキャンペーン

コインランドリー事業

病院・施設事業

資材・材料事業

  クリーニング向け事業 >

クリーニング事業における業績アップの秘訣

 

業績アップに欠かせない3つの要素

 

従来は地域性が高いとされていたクリーニング業界も、最近は店舗の増加、サービスの多様化などの影響からお客様も利用する店舗を選ぶ時代となり、業績を伸ばす為には、以下の3つの要素が必要不可欠です。

 

業績アップ

 

「ランニングコストの削減」
適切な機械や洗剤を利用し1回当たりのコストを如何に抑えるかが重要です。


「集客アップ」
特に閑暇期の集客をどう行うかが鍵となります。


「サービス向上」
他にはないサービスを如何に打ち出すかか重要です。


 

下記に当社が業績アップの為に提案している代表的な手法をご紹介致します。

 

 

1、回収乾燥機、ホットドライ機導入によるランニングコストの削減

 

平成18年4月1日より施行された改正大気汚染防止法以降、VOC(揮発性有機化合物)対策として着目されるようになった溶剤回収式乾燥機、ホットドライ機ですが、回収率の高い機械を導入することで、大幅なランニングコストの削減を実現できます。

 

 

当社推奨の溶剤回収式回収乾燥機、ホットドライ機

 

SCD-4253   SCL-8221L

         SANYO AQUA SCD-4253                  SANYO AQUA SCL-8221L

 

 

 

ランニングコストの比較表

項目 SCD-4253 25Kg排気式乾燥機
使用量 運転コスト 使用量 運転コスト
溶剤(単価145円/L) 0.18L 26円 3L 435円
電気(単価14円/Kw) 2.5Kw 35円 0.3Kw 42円
蒸気(単価5.5円/Kg) 10Kg 55円 16Kg 88円
1回当たりのコスト - 116円 - 527円
1年間での差額
(10回/日×300日)
差額(527-116)×10×300=123万円
※溶剤単価は変動しやすく、使用量の少ない回収乾燥機の利用は事業の安定化にも繋がります。

 

 

導入頂いたお客様の声

  • 1日700点処理しています。パーク機10kgと排気式乾燥機15kgから石油ドライ機16kgと回収乾燥機に入れ替えました。 石油溶剤代が1ヶ月95000円から12000円になりました。蒸気使用量が減ったので、ボイラーの灯油代も1ヶ月20万支払っていたのが14万円になり、ボイラーの燃料代まで削減出来てとても助かっています。

  • 1日800~1500点処理しています。 以前は回収乾燥機22kg2台を排気乾燥機として使用しており、石油溶剤を1週間に252L補充していました。 導入後は補充が18Lになり、燃料代の節約&補充の手間が減りとても助かっています。また、アクリル毛布やダウン等の推薦乾燥にも対応できるのもありがたいです。

 

 

2、品物に最適な洗剤の利用

 

回収乾燥機は導入していても、意外に杜撰な運用が行われているのがこの洗剤に関する運用です。

クリーニング店には多種多様な品物が持ち込まれますが、それら全てに対し強力な洗浄力をもつ高価な洗剤を使うことはいわばコストの無駄です。
また、お客様の希望は品物が綺麗に仕上がってくることであり、メーカー製の洗剤でクリーニングしてもらうことではありません。

 

フレッシュアップ

ぜひ、当社が40年の実績で培ったノウハウ、技術をもとに開発したオーナー様、お客様、双方ご納得のベストバランス洗剤「フレッシュアップ」をご利用いただき、コストの削減を実現してください。(フレッシュアップの詳細情報

 

なお、当社ではまずは洗浄力を試してみたいとお考えのお客様に試供品を提供しています。(5件/月まで)
ご興味のある方は、下のお問い合わせボタンより「ご希望の商品名」、「現在お使いの洗剤」、「月当たりの洗剤利用量」、「現在抱える問題点」を明記の上ご要望ください。

 

お問い合わせ

 

 

 

 

3、ITを活用した顧客の獲得

 

クリーニング業界に限らず、事業成功の為の基本は従業員や機械の稼動率を高めることにありますが、クリーニング業界は、商売柄どうしても閑暇期と多忙期の稼働率の差が激しく、事業成功の為には、特に閑暇期の集客に力を入れ稼働率を上げる必要があります。

 

しかし、従来の集客手法である新聞の折込チラシや店頭ポップ、来店者へのチラシの手渡しなどは、広告規模と比例し「広告コスト」が発生してしまい、またターゲットが近隣の新聞購読者と既存のお客様に限られてしまうことからも、閑暇期に行う集客方法としては適していません。

 

ぜひITを活用し、閑暇期はもちろん年間を通し様々な広告活動を行ない、広告コストの削減、新規顧客&閑暇期の顧客獲得による稼働率の向上、新サービスの提供などを実現してください。

 

ITを活用した広告のメリット

  • 何度広告してもコストは一定(環境の維持費のみ)
  • 不特定多数をターゲットとできる
  • 情報量に制限なし
  • 情報の変更が容易
  • 完了通知などの付加サービスを提供できる
  • etc、、、、

 

ご相談ください

なお、当社では「ホームページの作成サービス」「メールおよび携帯メール向けの広告システム」、およびお客様に最適な上記メリットを提案、運用させていただく「ITコンサルティングサービス」をご用意しております。


ご興味のある方は、下のお問い合わせボタンよりお気軽にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ

 

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright(C)2010-2017 Kaga Corporation All rights reserved.